2008年02月26日

2つの命とお別れ

昨年から実家に帰っていましたが、やっと我が家に帰ってきました。


1年近く、留守にしていた間に
『1人の命』と、『人と同じ1つの命』との
永遠のお別れがありました。。。


毎日、普通じゃ 考えられない忙しさのなかで、
老犬が父より先に逝ってしまいました。

20kg以上ある犬を抱いたり、
下の世話やったりしていると、

両親の介護の大変さもあって、
私自身もクタクタで、本当にワンの介護も大変でした。。。

年老いた体は 17歳。
何度も、何度も、夜中に発作で起こされ、
片時も離れずに不安行動が落ち着くまで
側にいて、一緒に歩いて。。。まともに歩けない。

それでも父が大好きで、
父が帰ってくることを いつもずっと待ってた。

ずっと・・・。父のいない部屋で。


だからいつも病院から帰ってくると、父の洗濯物の匂いを確かめに
トボトボと、匂いにやってきたね。

亡くなる前にもう一度でも、父に会わせてあげたかった。
少し後悔が残りました。


昨日までの公園、道、すれちがう人。。。

いろんな所に、いろんな思い出が詰まりすぎてて
散歩の時間も辛くて、淋しくて、
あんまり散歩に行けなくなった。


一緒に過ごしていた『はっぴぃ』が一番淋しかっただろう。。。
コソコソとおやつの分けっこして、
大きいおやつは、老犬に小さく砕いてもらって食べ、
お水は、顔を洗うかのように一緒に顔を入れて 仲良く飲み、
いつも一緒。

親子じゃないのに、親子みたいで、
いつまでも老犬が寝ていると、起こしに行って、

発作が始まると、私の代わりに『ワンワン』吠えて、
『頑張れ!!』って。。。

小さい体の はっぴぃも、本当によく頑張りました。ありがとう。

そして亡くなったワンも、はっぴぃを自分の子供のように面倒を見てくれてありがとう。

126.JPG



老犬がいなくなって、寂しさを埋めるかのように
父の病院で過ごす時間が、それまで以上に多くなりました。


嘔吐や下痢、高熱、出血・・・。
その日の体調によって
父の苦しむ姿を見るのが辛かった。。。

もともと無口な父。
痛みに耐える父の体を たださすってあげるだけの時が、
ほとんどでした。
痛い体をこれ以上傷つけないように、祈るように時を過ごしました。


たった1本の注射の針が入らなくて、
何度も何度も 注射の度に、先生に来ていただくこともありました。
(本当に言葉では言えないくらい 感謝しています。)


何度も乗り越えた山の数。。。

1つひとつ『最後になるかもしれない』って言われてるのに、
誰よりも、家族を愛し、妻を愛し 心配してた父。
最後の最後のときまで、自分の事よりも、母の事を心配してた父。

そんな父が突然逝ってしまったとき、
本当にいつものように眠っているみたいに
穏やかで、声をかけても起きない父が信じられなかった。


病気がわかってから、1年半。

はじめは、嘘ついてるのが辛かった。
だけど家族だから、娘だから、全部バレてた。


心から、父を サポートする事は本当に難しい。

父にしてあげたい事と、父が本当にして欲しいことに、
温度差があったけど、
時間と共に無くなってたよね?

よく2人で、命の話をしたときが何度もあったね。

心で何度も、何度も、『絶対泣かない』って決めていても、
いっぱい泣いてごめんね。


障害者のお母さんは、闘病中は何も出来ない 自分の体に、
不甲斐無さを感じてたみたいだけど、
私がお父さんに出来る 全ての事を代わりにさせてもらえて、
私は感謝しているよ。

140.jpg

お父さんの為に作った約束のクリスマスケーキ、
『おいしい。おいしい。』って食べてくれてありがとう。
その日って確か、手術の後だったんだよね。
看護婦さんにバレたけど、
『帰れないかわりに頑張ったから』って笑って許してもらえたよね。


私とお父さんしか知らない 小さな事も、忘れてしまいそうになる。
だけど、出来る限りのことを させてもらえて後悔はありません。


お父さん 『また明日ね』・・・って もう言えないんだね



『多発性骨髄腫』という病気は、ガンの分厚い本の中でも、
1ページくらいしか載ってない病気だけど、
今後、医学の発展と進歩によって、この病気で苦しむ人が、いなくなることを望みます。
そして同じ病気で苦しんでる方や、ご家族に心からエールを送りたいと思います。

宣告は『死のカウントダウン』かも知れない。
だけど、私たちにとっては、家族のかけがえのない『幸せな時間』でした。


『ありがとう。』たったこの 5文字を書くのに
何時間も、何時間もかかったと思う父の日記と、私の日記。
重さが違いすぎて、残す事ができませんでした。


だけど、消せない日々、忘れたくない事をこのブログのまま残し、
少しづつ 前に進もうと思います。


犬(笑)はっぴぃとの時間、ゆ〜っくり再開していきますね。



372.jpg



ニックネーム ウキ子 at 00:12| Comment(8) | TrackBack(0) | リボンウキ子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする